ジェネリックバイアグラ

バイアグラの臨床試験

バイアグラ

臨床試験は無作為方式、二重盲検法、プラシーボ〔偽薬〕を用いて厳密に行われました。プラシーボを用いたのは、それぞれ臨床試験で、一部の人たちにプラシーボを投与し、バイアグラを投与した実験群とプラシーボを投与したコントロール軍を比較するためです。

 

また無作為方式と言うのは、実験群とコントロール軍に入れる被験者をくじで決めたことを指します。

 

これは両軍の勃起不全の程度になるべく偏りがないようにするためです。二重盲検法と言うのは、調査する人たちも患者を誰が何を服用しているかを知らないという意味で、誰が有効成分の入った薬を服用しているかを知っていると、調査者や患者本人の観察に先入観が入ることを防ぐためです。

 

バイアグラの臨床試験に参加した人たちは、重度の勃起不全の人たちばかりでなく、その程度は、軽度、中程度、重度と広範囲にわたっていました。

 

しかしいずれもみんな、かなりの年月に割った手悩みを抱えていた人たちばかりです。

 

年齢は19歳から87歳と幅広く、中央値は55歳でした。被験者に渡されたバイアグラは現在販売されているものと同じ25mg、50mg、100mgの三種類でした。

 

効果の判定としては、「勃起機能の国際基準」として知られている性的機能アンケート調査に基づいて行われました。(自分の勃起能力を評価して専門家の治療を受けるべきかどうかの判断材料)

 

アンケートは臨床試験の開始前と終了時、それに追跡調査の時に実施されました。

 

さらに多くの場合は参加者に日誌をつけてもらい、性交を試みた日時やその結果などを記録してもらいました。