ジェネリックバイアグラ

バイアグラは身体的な原因にも有効

身体的な原因でインポテンスになっている人たちのうち、68%の人がバイアグラで改善されました。臨床試験でのプラシーボでは19%でした。

 

バイアグラの全体的な効力では、脊髄損傷ではバイアグラで83%、プラシーボで13%。高血圧ではバイアグラで68%、プラシーボで18%。糖尿病ではバイアグラで59%、プラシーボで16%。前立腺除去ではバイアグラで43%、プラシーボでは15%の人に改善症状が認められました。
このように前立腺がんで全摘出を受けた患者はほかの原因を持つ人たちに比べると結果が良くありません。

 

バイアグラの効力

 

 

病態 バイアグラ プラシーボ
脊髄損傷 83% 12%
高血圧症 68% 18%
糖尿病 59% 16%
前立腺全摘出 43% 15%

 

泌尿器科医によりますと、バイアグラは動脈を拡張させる信号を伝える神経さえあれば、その信号を増幅するが、神経すべてが切断されている場合はどうにもならないといいます。

 

前立腺の根本的な全摘出術を受けた患者にはこうしたケースが多いのです。

 

大統領候補だったボブ・ドール元上院議員が、バイアグラの臨床試験に参加した前立腺全摘出患者の110人の一人だったことを表明した。
ドールさんはラリーキングのトーク番組に出演した時に、臨床試験に参加したことを明らかにして「素晴らしい薬だ」と述べました。

 

アメリカ赤十字総裁である婦人乗りディードールさんも、ニューヨークで行われた記者会見の席で、質問を受け「素晴らしい薬です」と恥ずかしそうに夫の発言を肯定しました。

 

このように、身体的なことが原因でインポテンツになっている人でも、神経さえつながっていれば、改善の可能性が残されているということです。自ら改善を望むのなら、一度でいいからバイアグラを検討してみてください。

 

≫バイアグラの勃起以外の効果