ジェネリックバイアグラ

バイアグラの勃起以外の効果

バイアグラの勃起以外の効果

バイアグラの有効な勃起を起こし、挿入後もそれを維持するが、効果はそれだけではありませんでした。

 

臨床試験の前後に行われたアンケート調査の結果から、勃起の高度、オーガズムの頻度、性欲のレベル、性交及び性的関係全体に関する満足度や喜びか度、そのほかの面でもバイアグラによって改善されたことがわかりました。

 

興味深いことに、バイアグラ郡のプラシーボも、性交を試みた率はほぼ同じで、およそ1週間に2回でしたが、性交がうまくいった割合はバイアグラを服用した人の方がはるかに高かったのです。

 

バイアグラ群が66%だったのに対してプラシーボ群はわずかに20%だったのです。

 

糖尿病が原因のインポテンツ患者にも、臨床試験は行われました。臨床試験の一つは申請糖尿病の併発症として勃起不全になっている人たち268名を対象に行われました。

 

この臨床試験ではバイアグラ群の人たちに50mg錠から始めて、あとは自由に25mg錠から100mg錠まで自分で調整するようにしてもらいました。

 

その結果、セックスの満足度に影響する重要な項目(挿入に成功した頻度と挿入後に勃起が持続した頻度)について、バイアグラ群とプラシーボ群の改善度ははっきりと差が認められたのです。全体的な改善度はバイアグラ群の57%に対してプラシーボ群は、たったの10%だったのです。

 

またセックスがうまくいった率はバイアグラ群が48%なのに対して、プラシーボ群は12%でした。

 

そのほかのインポテンツの原因としてよく上がるのが脊髄損傷です。この場合でもバイアグラとプラシーボでの間できちんと効果の差が認められました。

 

勃起が改善した人は、バイアグラ群は83%なのに対してプラシーボ群はわずかに12%でした。性交がうまくいった率は、バイアグラ群は59%なのに対して、プラシーボ群は13%しかありませんでした。

≫虚血性心疾患患者とバイアグラ